.

メキシコの巨樹

オアハカ州 エル.トゥーレ村 トゥーレの木「デル・トゥーレ(トゥーレの木)」Arbol del Ture
テーマメニュー a.はじめに・英国の巨樹 | b.東北の巨樹 | 世界最大の木 | d.世界最長の木 |
簡単な解説
<----各写真をクリックすると拡大写真が見れます---->
 
 ギネスブックに「世界最大の木」と登録されている。
 メキシコ、オアハカ州トゥーレ村の世界最大の木、
 ヌマスギ(別名 ラクウショウ)。
 この村には同じヌマスギの巨樹が9本ほどある。
 子供であり、孫である。

トウ-レの木 2本目 (子)
2002.5.15
トウ-レの木 3本目 (孫)
2002.5.15

 このヌマスギは現地で「アウェウェテ」と呼ばれて
 いて、ナワトル語で「水の老人」という意味。
 先住民語では、この樹種をatotok(アトトック)と
 呼ぶという。
 トゥーレ村のトゥーレも水草の名前で、水に恵まれて
 いたため、多くの水が必要なヌマスギがこの地に残り
 やすかったと思われる。
 しかし、メキシコ市と同様にこの村の地下水も枯渇
 状態で、この木を守るため今、地下に人工的に水を
 引いている。
 メキシコ市にもかってこのヌマスギが数多く存在したと
 言われている。恐らく文明とともに伐採されていったの
 だろう。米国の世界一高いレッドウッドと同じ運命を
 たどったのだろう。幸いレッドウッドは95%伐採
 されたが、まだ現存している。

トウ-レの木、親子
2002.5.15
 
 さすがに世界最長老の部類に入る巨樹だけあって、一部
 は水気もなく死んでいるように見えるが、木全体には
 緑いつぱいで元気なものだ。
 日本の巨樹のように金属製の棒でささえられてはいない。
 自立している。鳥がその木の宇宙の中で生活している。
 木陰が広いぶん、暑さも和らぐだろ。ここで巨樹の老木と
 対話をする人も多いことだろう。

 オアハカ市のアバストス市場のとこにある2等バスター
 ミナルからバスが出ている。
 バスに乗って国道109号(パン・アメリカン・ハイ
 ウェイ)で東へ約10km、20分ほどで”トゥーレの村
 に着く。
 国道はこの樹にぶち当たってよける形で通っている



1本目(親) 正面から見た写真
2002.5.15

拡大写真はありません
 トウ-レの木
 1本目(親) 横から見た写真
 2002.5.15
 トウレーの木の看板
 Arbol del Tule

 Arbol はスペイン語の木という意味

 一般的名称:アウェウェテまたはサビノ
 属名 Taxodium mucronatum (TEN)
 樹齢:2000年超
 高さ:41.85m
 幹回り:57.9メートル
 重さ:636.107トン
 直径:14.05メートル
 体積:816,829立方メートルと記載されている

拡大写真はありません

写真はすべて海堀常夫氏撮影