木造建築の調査・活用提言

「古材バンクの会」に持ち込まれる家(木造建築)の情報にはいろいろなものがあります。持ち主の方のご都合によりやむを得ず解体される家、住まいとして活かしたいのだが、持ち主の方がどのようにすれば良いか迷っている家、ずっと放置されていた家、地域独特の建てられ方を保っている家・・・。
いずれについても、家そのものあるいは古材を活かすときには、その家や古材についてよく知ることがまず必要です。

調査で発見した棟札
       
  • どのような間取りと構造を持ち、どんな木を使って建てられているか。
  • 長い年月を経て家の構造や部材に狂いや腐れが生じていないか。
  • 当初、どのような目的で建てられ、どのような使われ方をされていたか。
  • 補修・改築はどのようになされているか。
  • いま住んでおられる方、持ち主の方は家に対してどんな思いを持っておられるか。
これらについて調査を行うことは、どのようにして古い家を残すか、あるいはどんな形で古材の再利用を行うかについての大きな手がかりとなります。
「古材バンクの会」では、民家や木造建築の研究者・建築士・工務店・そして家や古材について学ぼうとする人たちが集まって、「調査部会」をつくり、調査活動や、地域の中で再び歴史ある木造建築を甦らせるための提言活動などを行っています。

調査の図面


| 古材バンクの会とは? | 民家再生 | 古材を使った家・家具 | 会の催し |
| 森が消えてゆく | 木の命を生かせない日本の家 | 地球にやさしい木の住まい | 風土にあった住まい |
index.html