木の命を生かせない日本の家


ミンチ解体される家
現代の日本の家の寿命はとても短いものです。グラフにあるように、古くから残っている家を除けば、現在日本の住宅の寿命は25〜30年がピークであることがわかります。
単純に考えても、木が成長して柱や梁として使えるようになるまでには少なくとも40年以上かかるわけですから、このままでは森は減る一方です。
家を解体したあとの木材のリサイクルも進んでいません。写真で見るように、解体現場では木も土も金属も何もかもいっしょくたの解体・廃棄が普通に行われています。かつては、解体した家をそのまま再利用したり、素材ごとに分け木やわらは燃料に、土は練り直して再び壁に塗るなどのリサイクルが普通に行われていました。
こんにちでは、海外から安い資源や木材を輸入する一方、人手や手間賃がかかる、解体した材料を置いておく場所がない、住宅が工業製品化し古いものを再利用する余地がない、などの理由から建築物のリサイクルはめったに見られなくなってしまいました。
資料提供:横浜国立大学 小松幸夫助教授



| 古材バンクの会とは? | 木造建築の調査・活用提言 | 民家再生 | 古材を使った家・家具 | 会の催し |
| 森が消えてゆく | 地球にやさしい木の住まい | 風土にあった住まい |
index.html